本文へスキップ

作業用手袋と安全保護具の製造販売

TEL. 0879-25-4168

〒769-2702 香川県東かがわ市松原1208-1

各種規格について

ANSI 耐切創性について
ANSIとは、米国国家規格協会 (American National Standards Institute) のことで、アメリカ国内における工業分野の標準規格の開発を行っている組織です。
耐切創性の試験については、TDM-100という機械を使用し、直線型の刃に負荷を掛けながらスライドさせ、その負荷に耐えられる程度により評価されます。

 レベルは、A1からA9までの9段階で評価されます。
レベル 負荷 (グラム) レベル 負荷 (グラム)
A1 200-499 A6 3000-3999
A2 500-999 A7 4000-4999
A3 1000-1499 A8 5000-5999
A4 1500-2199 A9 6000以上
A5 2200-2999
EN388 手袋に求められる安全性について
手袋に求められる安全性を表記する基準として、"ヨーロッパCE規格 EN388:2003 手袋に求められる機械的な要件 (Protective gloves against mechanical risks)" があります。
機能レベルとして表記される4つの数値より、その安全性のレベルを計ります。
レベル1 レベル2 レベル3 レベル4 レベル5
1. 摩耗抵抗
(Abrasion Resistance)
100≦ 500≦ 2000≦ 8000≦ -
2. 切創抵抗
(Blade Cut Resistance)
1.2≦ 2.5≦ 5.0≦ 10.0≦ 20.0≦
3. 引裂抵抗
(Tear Resistance)
10≦ 25≦ 50≦ 75≦ -
4. 突刺抵抗
(Puncture Resistance)
20≦ 60≦ 100≦ 150≦ -

EN388:2003 の切創抵抗" 試験では、荷重5N (ニュートン)、円形の回転刃を使用します。
試験用丸刃を生地の上で往復させ、生地に穴が開くまで切り付けた回数から切創抵抗のレベルが算出されます。

バナースペース

興和グローブ株式会社

〒769-2702
香川県東かがわ市松原1208-1

TEL 0879-25-4168
FAX 0879-24-1777